香港のファンドが人気を呼ぶ理由

日本では、銀行にお金を預けていても目減りするだけという状況が続いています。とはいえ、資産運用には専門知識が欠かせませんから、投資などに不安をお持ちの方も多いでしょう。

なんとかお金を増やしたい、でも資産運用の知識がない、そんな方には香港のオフショアファンドがおすすめです。

ファンドとは、いわゆる投資信託のことです。ファンドマネージャーと呼ばれる専門家が複数の株式、債券などを組合せた資産を運用し、投資家を集めて、投資し、リターン(手数料を

差し引いた利益)を投資家に戻す、という仕組みになっています。

日本においては、まず外国の投資信託会社(マザーファンド)や外国の証券会社(販売代理店)に手数料として1~2%の利益を払わなくてはなりません。つまり、「運用利益年3%」と明記

している日本のファンドは、実は5パーセント以上の利益を上げているのです。さらには、子ファンドを申し込んだ場合、最初の買い付け手数料で約2%引かれて、信託報酬で年0.8%が引か

れ、分配金と償還時の利益からは10%(所得税7%、地方税3%)が税金として引かれる仕組みになっています。

香港のオフショアと呼ばれる金融特区では、金融取引に必要な様々な税金を免除しています。運用益に対する日本の税金は必要ですが、運用の過程では大きなコスト削減が期待できます

。具体的には、香港にある銀行に口座を開き、その口座から香港発のファンドを購入することになります。ネットバンキングでも構いませんから、日本にいながらにして国際投資が可能

なのです。

現在、香港はアジアの金融の中心地となっています。今後、大きな成長が期待できる中国市場や、インド市場に関する情報量も豊富です。人材の質も高く、一流のIFA(独立系ファイナン

シャルアドバイザー)からアドバイスを受けることもできます。

投資お役立ちニュース

株の種類

「外国株」とは?

「日経225」とは?

「ミニ株」や「プチ株」とは?

香港のファンドがおすすめ

香港のファンドが人気を呼ぶ理由

初めての投資

私の注目銘柄のご紹介

信頼性を重視する

FXの手数料

保険は固い投資手段

アフラックのガン保険に入りました

昭和の時代の話です

役に立たないフコク生命

金融情報局

バイナリーオプション

FXで会社を辞めたのになぁ

お金を借りてまでFXはやるな!

バイナリーオプションの少額取引

ニンテンドーDSのゲームで学習

アンドロイド携帯でFX取引

貯金の重要性について

消費税増税について正直に思うところ

消費税の増税が決まって

これ以上貧乏増やしてどうする

仕事中の取引は・・・

FX投資

外貨預金

経済指標の影響度

営業時間の短さと待ち時間の長さにやきもきしてしまう

銀行で不便だと思っていること

出張ATMでのトラブル

FXは怖い取引と思っているのですが

やる前と後で

余分なお金があればやってみたい、株式投資

FXトレード初心者が損切りをする上での失敗で一番多いこと

値動きの小さい通貨ペアを選択する

必然的について回ること

私の銘柄選びのための情報収集

貸す?貸さない?

私の電子マネーの使い方

証券会社の比較

手数料で証券会社を比較

取扱商品で証券会社を比較

始める資金で証券会社を比較

オンラインサービスで証券会社を比較

注文機能で証券会社を比較

サイト集

ノンジャンル

運営者情報

相互リンクを募集しています。

南青山2-2-15 ウィン青山1302 株やFXで大損しない!